なん株史記(24) とうふらの集団紀 レスバトル代行事業編

筆者:司馬セム

 第2次なん株の出来事の内、レスバトル代行事業を計画した詳細を示す。
 企画アイデア投稿用のチャンネルに、レスバトル代行事業のアイデアが投稿された。構成員の【一族経営】がこのアイデアの実現を目指し、事業専用のチャンネルを作成した。
 リーダーが不明確なまま実現のための議論が進行した。なん株史記(23)で述べた利益分配ルールの施行と同時に、一族経営がリーダーに決定された。一族経営は、まず事業チームの人員を増やすことを直近の目標と位置付けた。人員は増えなかった。
 未明、5ch有名荒らしの【オケラ】から、レスバトル代行のオファーが来た。構成員らは当面では恐らくオケラが唯一の顧客であるとして、一族経営に対してこれを受諾することを勧めた。一族経営は拒否した。
 その後、組織の解散まで計画は進まなかった。

以上。